写真 1 2 3
2016年4月オープンの新しい休憩所。
飛鳥京跡苑池は、斉明天皇の時代に造営された飛鳥時代を代表する庭園で、儀式や饗宴のために使用されたといわれており、今後も奈良県による保存・活用整備が予定されています。
今回開所した休憩舎では飛鳥京跡の発掘成果などを紹介するとともに、映像やパネルを利用して楽しみながら歴史に触れられるような展示や、快適に観光していただくためのトイレや休憩機能が提供されます。

〜飛鳥京苑池休憩舎から最新コメント〜

  • まだコメントがありません