写真 1 2
遺跡は石舞台古墳の南、約400メートル(明日香村大字稲渕)、国営飛鳥歴史公園祝戸地区の入口付近、飛鳥川の左岸にある。
昭和51年(1967)に発掘調査され発見された遺構で、コの字形に配置された掘立柱の建物とそれによって囲まれた石敷広場がある。
7世紀中頃から後半のものと思われる土器と硯が出土した。
その後の調査で南方に広大な石敷遺構が発見され、関連施設が南に広がる可能性もある。
瓦が出土しなかったことや建物の配置などから宮殿遺跡と推定されているが、遺構の年代とその地理的環境からみて、飛鳥河辺行宮ではないかともいわれている。

〜飛鳥稲淵宮殿跡(あすかいなぶちきゅうでんあと)から最新コメント〜

  • まだコメントがありません